ニキビ跡には種類がある!手入れ方法を理解しよう

ニキビ跡の種類を知ろう

肌トラブルの中でも、ニキビで悩んでいる人はとても沢山います。ニキビが治ったとしても、ニキビ跡がいつまでも消えない、という時もありますよね。ニキビ跡は日頃の手入れによって緩和することができます。まずは、ニキビ跡の種類について理解しておきましょう。ニキビ跡には3つの種類があり、色素沈着、赤み、クレーターに分ける事ができます。ニキビが治った後に、茶色のしみのようなものが残ってしまう事がありますよね。これが色素沈着です。そして肌が赤くなっている場合は、炎症によって血液の流れが滞っている状態です。最後にクレーターですが、これは強い力でニキビをつぶした時に起こる症状であり、皮膚の組織が破壊されることによって肌がぼこぼこになります。

古い角質を落として肌を柔らかくしよう

ニキビ跡には、色素沈着、赤み、クレータータイプがある事がわかりましたが、ではどうやって手入れしたらいいのか、知りたい人も多いでしょう。全てに共通しているのが、肌のターンオーバーが正常に行われていないので、肌に古い角質が溜まった状態になっているという事です。そのため肌が硬くなり、化粧水や美容液などをつけても、肌に浸透せず治りにくくなっているんですよ。手入れとしては、まず肌に溜まった古い角質を落とす事が必要になります。市販のピーリング剤や美容クリニックでのピーリング受けると、不要な角質や汚れを綺麗に取り除く事ができます。角質が溜まっていると聞くと、ごしごし強くこすったり、また何度も洗顔してしまう人がいます。これは逆効果なので、肌にダメージを与えないように優しく洗い、できるだけ刺激を避ける事が大切なんですよ。

有効なニキビ跡の治療には三種類あり、一つ目は、赤みが残るタイプの人にはビタミンC,二つ目は色素沈着型の人にピーリング、そして三つ目のクレーターが残るタイプの人にはレーザー治療が適しています。