肥満は大病のもと!肥満外来では、あなたの健康をサポートしてくれます

肥満を放置するとどうして体に悪いの?

体重が増えてしまった経験のある人は多いでしょう。少し太ってしまった程度では特に問題になることはなく、ダイエットも短期間で済みます。ですが「たかが太ったくらいで…」と油断していると、肥満が様々な病気の原因になることもあるのです。まず、体重が増えてくると膝や腰に負担がかかるので、整形外科的な問題が出てきます。慢性的な膝や腰の不調で悩んでいて明らかな体重増加のある方は、肥満が改善されれば膝や腰の症状が快方へ向かう可能性があります。また、太ると毛細血管も伸びるということも分かっており、その結果心臓は全身に血液を送るために圧力を上げなければならず、心臓に負担もかかり高血圧を招いてしまうので注意が必要です。

他にも糖尿病や脂肪肝、脳梗塞など命に関わる病気を引き起こす可能性もあるため、明らかな肥満がある場合は?せることから健康づくりをしなければなりません。

肥満外来なら、健康的に痩せられる!

自己流でダイエットをするのもいいですが、肥満外来へ行ってみるのもひとつの方法です。

肥満外来とは医療機関に設けられた肥満治療を専門に行っている外来のことで、カウンセリングや必要な検査などを経てひとりひとりに合わせて治療を行ってくれます。過去に医師から肥満やメタボリックシンドロームを指摘されたり、肥満が原因で無呼吸症候群や体の痛みなどの症状が出ている人などが対象となるので、当てはまる人は相談してみるとよいでしょう。

治療としてはまず日ごろの食生活や生活リズムなどを見直すことから始め、食事療法や運動療法も取り入れていきます。他にも必要であれば薬を使用したり、最終手段として食欲をコントロールするために胃のバイパス手術を行うこともあります。

肥満外来では、専門医の指導で正しいダイエットを行うことで肥満を改善します。個別にカリキュラムを組むので無理なくダイエットできます。また、時間をかけてリバウンドが起こりにくい体を作っていきます。