徹底的な脱毛でツルツル肌に!医療レーザー脱毛ってどんなもの?

医療レーザー脱毛とは

医療レーザー脱毛とは、医療用の脱毛レーザー機を使った脱毛方法です。美容脱毛とは異なり、医療レーザーで行う脱毛は医療行為に当たります。このため、施術は医師免許のある方のみ行える施術方法です。

施術内容は医療行為に当たるため、施術前のカウンセリングや施術後のケアは徹底的に行われます。また、脱毛後の肌にトラブルが起こった場合、治療は同じクリニックで無料で受けることができます。

肌トラブルが起こった際には専門的な診察と治療が受けられ、医師免許を持っている方の専門的な施術が受けられる医療レーザー脱毛は、安全性が高く、安心して受けられる脱毛法と言えます。

医療レーザー脱毛の特徴

医療レーザー脱毛の特徴としてあげられるのが、高い効果と即効性です。

通常の美容脱毛は脱毛が終わるまで数十回通う必要があり、長いと1年以上通わなければなりません。一方医療レーザー脱毛は、早くて5回の施術で脱毛が完了するため、約1年の通院で効果が得られます。

また、医療レーザー脱毛は専用の医療機器を使用しており、美容脱毛より高出力でレーザーを照射するため、高い脱毛効果が期待できます。

ただし、出力が高い分、痛みも強くなります。美容脱毛より医療レーザー脱毛の方が痛みを感じる、という意見が多く見られます。医療レーザーは狭い範囲を高出力のレーザーで照射するため、美容脱毛より痛みも多くなってしまうのです。

あまりに痛みを感じる場合は、麻酔を希望することもできます。ただし、麻酔は効果が出るまで時間がかかるので、施術前に申し込みをしておきましょう。

医療レーザー脱毛の進め方は、患者の希望を最大限に考慮してもらうことができるため、人気のムダ毛処理の方法となっています。