知ってる?脱毛するなら必ず避けたいNG行動

NG行動を避けて脱毛ケアを進めよう

脱毛にはフラッシュ脱毛やレーザー脱毛などの種類があります。

これらは肌に照射する光の種類で分けることができ、ムダ毛への効果や痛みなどの違いがでてきます。

ですが、これらの脱毛施術には共通して避けておきたい行動があります。

これを無視してしまうと施術時の痛みが増してしまったり、肌の炎症や乾燥などのトラブルが起きる可能性もあるので注意が必要です。

日焼けをしないようにしよう

フラッシュ脱毛はフラッシュ、レーザー脱毛はレーザーを肌に照射してムダ毛を処理していきます。

この2つにはメラニン色素に反応してダメージを与えるという共通点があります。

メラニン色素はムダ毛に多く含まれている成分ですが、日焼けをしてしまうと肌の中にも多く生成されてしまいます。

その状態で脱毛施術を行うと、ムダ毛だけではなく肌にもダメージがかかることになるので注意が必要です。

脱毛施術をしている間は、しっかりと紫外線対策を行い、日焼けをしないように心がけましょう。

施術前後は、体温があがらないようにしよう

脱毛施術を行うと、肌に熱がこもりやすくなります。

その結果、肌内部の水分が蒸発しやすくなるので注意が必要です。

これを防ぐために脱毛後に肌を冷却しますが、その後に激しい運動や飲酒をしてしまうと、再び体温があがり、肌が乾燥しやすくなるので気を付けましょう。

また、体温があがっている状態は、肌が外からの刺激に敏感になっている状態でもあります。

そのため、脱毛前に激しい運動や飲酒を行うと、通常時よりも痛みや炎症が強まる危険性があります。

脱毛の前後は、体温が上がらないように心がけましょう。

永久脱毛の効果の強さは、医療機器の出力や患者の毛穴の状態などによって大きく異なるため、早期に専門医の診断を受けることが有効です。